安全確保は医療現場での最重要課題!最新の医療技術を学ぶ意欲も大切

医療技術について

医療における安全確保

医療現場の目的は、人々の健康増進や病気治療、救命などです。医療技術を駆使して対応するのですが、それを行うのは医療従事者という人間。その人たちが安全確保に注意を払うことを疎かにすると、医療事故という取り返しのつかない事態を招くことになりかねません。医療現場では、安全確保のためさまざまなことに目を向けた取り組みが行われています。

【医療機関の体制】
医療機関には、安全確保についての取り組み方・情報などを明確にし、職員全体に周知することが求められます。その場合、全体をまとめる責任者や部署ごとの管理者が職員への指導や助言、現場管理を行なっていきます。組織としての体制はもちろん、人と人との信頼関係がなければ、この仕組みはうまく成り立ちません。そして、全体で安全を目指し、一人一人が"医療人"としての役割を果たそうという気持ちを持つことが大切です。

【医療現場での取り組み】
現場で安全確保のためにされている取り組みとして、ヒヤリ・ハットがあります。医療事故に繋がりかねない問題やミスを明らかにし、原因や解決策を全体で把握することが目的です。ここで注意したいのは「誰が」ではなく、「なぜ起こったのか」に着目するということ。責任追及ではなく、業務改善に向けての取り組みです。

【医療従事者の働く環境】
医療従事者が過酷な環境で働いていては、心身ともにボロボロになってしまい、安全な医療技術の提供は困難。職場環境を整えることは、医療の安全確保にとっても大切です。
医療現場で患者と密接に関わっている看護師。医療の安全確保のためには、看護師の働きやすい環境作りがとても重要です。結婚しても働き続けられる、ママになっても仕事と家庭の両立ができるなどの問題は、看護師不足にも関係してきます。女性のライフスタイルの変化に対応できるかどうかは、看護師の働きやすい環境づくり、ひいては医療の安全にも繋がるということですね。

医学は日々進歩!常に学びの姿勢を

常識とされていた事実が覆されたり、数年前には考えられなかったような治療方法が確立されたりと、医学は研究により日々発展しています。医療を受ける側には多くのメリットがあり、とてもありがたい現代。しかし、医療従事者は複雑化・高度化する医療技術や知識を、しっかりと自分のものにしていく必要があります。
医療従事者に必須なのは、学ぶ意欲です。職場により、研修会や勉強会で最新医療の情報を周知する場を設けることもあります。しかし、そういった環境でないこともありえるため、一人一人が常にアンテナをはり、情報を取り入れるよう気をつけなければいけません。

人気topics

深刻な人手不足について 深刻な人手不足について 勤務医や看護師の人手不足。報道でも取り上げられる、医療現場が抱える大きな問題です。勤務医や看護師には夜勤があり、多くが苛酷な環境で働いています。それにより女性の医師や看護師が結婚や出産後に働き続けにくいことが、一つの要因として考えられます。深刻な人手不足について、その他の原因や解決策について考えてみましょう。

看護師さん編 看護師さん編 医療現場の代表的な職種といえば看護師。認定看護師など、高い専門性を身に付けた人たちが病院で活躍しています。ここでは資格取得の方法についても紹介していますよ。また、看護師は医療現場以外でも求められています。社会的に必要とされ、活躍の場がさらに広がっている看護師。ここでその仕事をチェックしてみましょう。

ページTOPへ