医療現場で活躍する薬剤師。病院の仕事やお薬手帳の役割について

薬剤師さん編

病院で活躍する薬剤師さん

以前は病院で診察を受けた後、支払いと同時に窓口で薬をもらうという院内処方が一般的でした。最近は医薬分業が進み、患者は処方箋持って院外の調剤薬局に薬を買いに行くようになっています。従って、病院薬剤師の仕事は、入院患者さんを対象としたものに変わってきています。
病院で活躍する薬剤師の仕事内容をご紹介します。

<薬歴管理>
薬歴管理とは、患者のこれまでの服薬状況・アレルギー・副作用の有無・生活状況・指導上の注意点などをまとめて、情報として管理すること。入院している患者の場合、強い薬を使用することも多く、飲み合わせや相互作用を検討する際に重要です。

<入院患者への調剤・服薬指導>
入院患者のための薬を調剤し、飲み方や効果、副作用などについて説明を行います。実際に患者の顔を見て、コミュニケーションを取りながら仕事ができます。これを望んで病院薬剤師を選ぶ人もいるようです。

<注射薬の調剤>
医師の処方に基づき、投与量・相互作用・配合の確認などをして安全に注射薬の調合を行います。調剤薬局にはない特徴的な仕事で、経験を積めると考える人も多いようです。

<医薬品・情報の管理>
医薬品を適切な環境で保管し、在庫管理や購入も行います。また、製薬会社から新薬情報を仕入れたり、副作用が起こればその情報を医師や看護師と共有します。

<チーム医療で活躍>
栄養管理や緩和ケアなど、患者の状態により必要な薬や注射などは変化します。チーム医療の一員として、他の職種のスタッフと協力して、適切な薬剤の使用方法について考えていきます。

お薬手帳と薬剤師さん

お薬手帳とは、個人の服薬状況・薬の種類・作用・量・使用法などを記録しておくためのもの。副作用やアレルギーについても確認できるため、新しい薬を飲む際に、個人に適しているか・飲み合わせはどうかなどが確認できます。個人にとっても役に立つものですが、薬剤師にとっても便利なものです。
お薬手帳が薬剤師にとって役立つポイントは、大きく分けて2つあります。

1.患者の健康状態がすぐに理解できる
お薬手帳があれば患者のこれまでの服薬状況から、どのような病歴があるのか、どの薬に副作用が出たのかなどをすぐに把握できます。薬に関する知識がない患者からも、重要な情報を与えてもらえることになります。

2.医療機関での情報共有
どの病院や薬局でも共通して使用することで、情報の共有が可能。他の機関で処方された薬を確認することで、飲み合わせや重複について確認ができます。

震災時に被災者がお薬手帳を持っていることで、より適切な処置・処方ができたという例もあります。患者側でも一人に1冊、必ず持つように心がけておきたいですね。

人気topics

深刻な人手不足について 深刻な人手不足について 勤務医や看護師の人手不足。報道でも取り上げられる、医療現場が抱える大きな問題です。勤務医や看護師には夜勤があり、多くが苛酷な環境で働いています。それにより女性の医師や看護師が結婚や出産後に働き続けにくいことが、一つの要因として考えられます。深刻な人手不足について、その他の原因や解決策について考えてみましょう。

看護師さん編 看護師さん編 医療現場の代表的な職種といえば看護師。認定看護師など、高い専門性を身に付けた人たちが病院で活躍しています。ここでは資格取得の方法についても紹介していますよ。また、看護師は医療現場以外でも求められています。社会的に必要とされ、活躍の場がさらに広がっている看護師。ここでその仕事をチェックしてみましょう。

ページTOPへ