医療現場で重要なメディカル英語!看護師や医療通訳の活躍に期待

看護に役立つ!実践英語について

メディカル英語 看護師にも英語力が求められています!

メディカル英語とは、医療で使用される英語のこと。医療従事者であれば、学生時代から英語の論文を読んだり、英語表記を学んだりと、メディカル英語に触れる機会は多くあったと思います。
近年は街でも頻繁に外国人を見かけます。つまり、看護師がいる医療機関にも、体調不良や怪我で受診する外国人が増えているということ。そこでは英語で話す外国人からの症状の訴えを理解し、また、看護師の指示を相手に理解してもらう必要があります。「学生時代に少し勉強したけど…」というレベルでは、外国人の患者に適切な処置ができるでしょうか?

最も理想的なのは、メディカル英語のみならず日常会話もペラペラ話せ、外国人の患者と完璧にコミュニケーションを取れること。しかし、ほとんど話せない人が、そのレベルをいきなり目指すのは無謀とも言えます。まずは、診察の際に必ず指示する内容を英語で話せるようになること、専門的に扱う分野でよく出てくる言葉を英語で覚えることなどから始めてみましょう。
看護師にも英語力が求められる時代です。スキルアップの選択肢に英会話を入れるのもいいですね。

医療通訳ってご存知ですか?

外国人患者とコミュニケーションを取る際に、医師や看護師など医療機関で活躍するスタッフのすべてが英語を話せるわけではないため、不便が生じてしまいます。そこで活躍するのが「医療通訳」。必要性の高まりを感じた厚生労働省でも、育成支援に力を入れ始めています。

日本に住んでいる外国人であれば、レベルはさまざまにしても日本語についての理解力や学ぶ意欲はあるはずです。しかし、外国人旅行者は日本語を全く話せないことがほとんど。旅行中に体調不良を起こした場合、不慮の事故で怪我を負った場合には、もちろん医療機関を受診することになります。2013年には、外国から訪れる旅行者が1千万人を超えたそうです。この事実からも、外国人の医療機関受診が増加するのは必然的だと考えられます。
病院受診した患者の訴えで多いのは「痛い」ということ。「刺すような痛み」や「鈍い痛み」など、日本語では痛みの症状を詳しく言い分けられます。英語ではどうでしょうか?前者は「pain」、後者は「ache」と表現します。メディカル英語が苦手な看護師が、それをすぐに把握したり、聞き出したりできるかは不安なところ。そこに医療通訳がいれば安心ですね。

しかし、まだまだ医療通訳の認知度は低いもの。外国人の救急搬送を「英語を話せるスタッフがいないから」と断る例もあるそうです。医療通訳の存在は、そのような状況も救ってくれるでしょう。
東京オリンピックの影響で、さらに世界的な観光地として発展しいていく日本。医療通訳が大活躍する日が近いかもしれませんね。

人気topics

深刻な人手不足について 深刻な人手不足について 勤務医や看護師の人手不足。報道でも取り上げられる、医療現場が抱える大きな問題です。勤務医や看護師には夜勤があり、多くが苛酷な環境で働いています。それにより女性の医師や看護師が結婚や出産後に働き続けにくいことが、一つの要因として考えられます。深刻な人手不足について、その他の原因や解決策について考えてみましょう。

看護師さん編 看護師さん編 医療現場の代表的な職種といえば看護師。認定看護師など、高い専門性を身に付けた人たちが病院で活躍しています。ここでは資格取得の方法についても紹介していますよ。また、看護師は医療現場以外でも求められています。社会的に必要とされ、活躍の場がさらに広がっている看護師。ここでその仕事をチェックしてみましょう。

ページTOPへ