医療スタッフに大切な医療英語・英会話。実用例やマスター法について

医療英語を学ぶ

医療現場でよく利用される英語。医学用語として目にする機会が多く、また外国人の患者と接する際にも医療英語や英会話力が必要となっています。医師や看護師をはじめとした医療従事者は、英語でどのような用語を使用し、会話をするのでしょうか?実用的な英語から専門的な医療英語まで、さらにマスター法について考えてみましょう。

医療英語を学ぶに関するカテゴリ

看護に役立つ!実践英語について

2013年、日本を訪れる外国人旅行者の数が、初めて1千万人を超えました。街では頻繁に外国人の姿を目にするようになっています。それは、必然的に医療機関を受診する外国人も増加しているということ。看護師が英語でコミュニケーションを取ることが求められているのです。
メディカル英語を理解すること、診察の際に患者さんに話す言葉を英語で表現できることなど、看護師が身に付けたい実践英語はたくさん。スキルアップのため、英会話を学ぶのもいいですね。まだまだ医療機関での認知度は低いのですが、病院などで医師や看護師と外国人との間のやり取りをサポートする、医療通訳という仕事もあります。
医療と英語、世界的観光地ともなる日本では両者は切り離せなくなってきます。ここで医療英語の必要性を見てみましょう。 看護に役立つ!実践英語についての詳細を見る

各専門科で用いられる英語について

現在の医療現場において、カルテ記入には日本語や英語が用いられています。言語に決まりはないため、記入の仕方は「日本語のみ」「病名は日本語だと長いから英語の略語で」など、医師により自由。医学の発展はドイツから広まったため、以前はカルテにドイツ語を用いることが多く、現在では普通に使っている医療用語も数多くあります。メス・ウイルス・アレルギーなど、一般的にも浸透しているドイツ語の言葉がその例。
また、医療英語やその略語などを、カルテや医学雑誌などで目にすることが増えています。各専門科ではどのような医療英語を使用しているのか、よく見る略語の意味は何なのかについて、ここで確認してみましょう。 各専門科で用いられる英語についての詳細を見る

医療英語のマスター法について

医療英語をマスターしたくても「どういう風にすればいいのか分からない」という人も多いでしょう。ヒントは、日常業務の中にあります。
看護師であれば、業務の中でさまざまな医療英語を目にしているはず。難しい単語でもよく目にしていれば自然と覚えられますね。まずは、それらの医療英語から意識してマスターしてみましょう。徐々に知っている医療英語が増えていく、その経験の積み重ねが大切です。また、患者さんによく話すこと、症状で訴えられることなどの会話を、英語で表現してみましょう。それは看護師に大切な生きた英会話です。
ここでは、医療英語のマスター法や看護師に求められる英会話などについてご紹介しています。 医療英語のマスター法についての詳細を見る

人気topics

深刻な人手不足について 深刻な人手不足について 勤務医や看護師の人手不足。報道でも取り上げられる、医療現場が抱える大きな問題です。勤務医や看護師には夜勤があり、多くが苛酷な環境で働いています。それにより女性の医師や看護師が結婚や出産後に働き続けにくいことが、一つの要因として考えられます。深刻な人手不足について、その他の原因や解決策について考えてみましょう。

看護師さん編 看護師さん編 医療現場の代表的な職種といえば看護師。認定看護師など、高い専門性を身に付けた人たちが病院で活躍しています。ここでは資格取得の方法についても紹介していますよ。また、看護師は医療現場以外でも求められています。社会的に必要とされ、活躍の場がさらに広がっている看護師。ここでその仕事をチェックしてみましょう。

ページTOPへ