医療現場に従事する医師も残業代は受け取るべき

医師は残業代を取得

日本の医師の過酷な現状と現代の医療現場

日本の医師の現状は、慢性的な人手不足に陥っています。これはどういう事かというと医師の仕事に魅力を感じる人が少なくなっている事を表します。医師と言えば、高収入で人生における勝ち組と思われる事が多いですし、医師というだけで人から尊敬の眼差しで見られ、収入面においても他の職業を凌駕するものとして捉えられがちです。医師が尊敬に値する素晴らしい職業である事は間違いないのですが、収入に関して考えると、労働の実態と精神的な負担に対して決して高収入とは言えないのかもしれません。他人の身体を扱う医師には、他の職業とは明らかに違うプレッシャーがかかります。他の仕事にもミスのできないものはありますが、医師は直接他人の身体を扱うので、そのプレッシャーも一際大きいと言えます。自分の判断が人の生死に関わるからです。その様な大きなプレッシャーの中で日々、医療現場で働いている医師にとっては現状の報酬は決して高待遇とは言えません。

医師には残業代という概念が通用しない?

医師には残業代がないというわけではありませんが、医師の多くは月給ではなく年棒制の方が多く、残業代という概念が一般の職業と比べて薄い所があります。実際には過酷な労働環境に置かれているにも関わらず、残業代として支給されないケースもあります。医療機関側からみると、人件費が他業種と比べても高いのでコストを削減するという意味合いが大きくなりますが、適正な報酬としては不足している事も多々あります。医師の仕事は、専門性と希少性が高いので簡単に代替えが利きません。高度な知識と経験が必須になってくるので、その分一人の医師に掛かる負担は時としてとても大きくなります。緊急性の高い医療現場においては、医師個人の自由の優先度はどうしても低くなるので、長時間労働を強いられる事も多いです。

医師が適正な報酬を受けなければいけない理由

日本の医療制度の整備の遅れによって医師の人材不足は解消できず、医師個人への負担が増える事から残業が増えています。しかし、過酷な仕事を強いられている医師は適正な報酬を受けなければいけません。医師には自分の能力に見合った報酬を受ける権利が有りますし、医療機関には報酬を支払う義務があるからです。また、医師への残業代が支払われる事は良い医療現場の構築に繋がります。過去の例をみると、医師が適正な報酬を得るためには医師本人が残業代の交渉をするか、弁護士等に依頼する方法等があります。裁判の判例を見ても医師の残業代は社会通念上も支払われるべきとなっていますので、強い意志を持って交渉する事が大切です。また、交渉するのにためらいがあるのであれば転職するのも一つの方法です。医師専門の求人サイトはたくさん登場しています。

年収アップの交渉はもちろん、勤務日数や残業・当直まで様々な交渉が可能です。

引用:医師転職ドットコム
上記のような医師専門転職サイトのコーディネーターに交渉を任せるのも忙しい医師には必要かもしれませんね。

医師転職ドットコム

医師専門の求人サイト

人気topics

深刻な人手不足について 深刻な人手不足について 勤務医や看護師の人手不足。報道でも取り上げられる、医療現場が抱える大きな問題です。勤務医や看護師には夜勤があり、多くが苛酷な環境で働いています。それにより女性の医師や看護師が結婚や出産後に働き続けにくいことが、一つの要因として考えられます。深刻な人手不足について、その他の原因や解決策について考えてみましょう。

看護師さん編 看護師さん編 医療現場の代表的な職種といえば看護師。認定看護師など、高い専門性を身に付けた人たちが病院で活躍しています。ここでは資格取得の方法についても紹介していますよ。また、看護師は医療現場以外でも求められています。社会的に必要とされ、活躍の場がさらに広がっている看護師。ここでその仕事をチェックしてみましょう。

ページTOPへ