現場検証Eyes~医療現場の今~について

当サイトについて

進化し続ける医療

今、医療現場は大きく変化しています。医療技術の進歩はますます加速化し、医療現場は各分野に細分化されていくようになりました。細分化されることにより薬剤や看護、リハビリや検査から診断と治療にいたるまで、各分野において必要となる知識やスキルはより専門的な方向へ掘り下げられることになります。1人の患者に対して、それぞれのプロフェッショナルが連携してチームで治療にあたるチーム医療が注目されていますが、それもこの流れから来るものと言えるでしょう。
また、医療に関わる資格は、医師や看護師のみではありません。まもなく訪れる超高齢化社会では、リハビリに対するニーズ増加も想定できます。リハビリ関連でいえば、理学療法士や作業療法士の他に音楽療法士や言語聴覚士、視能訓練士や臨床心理士などの資格があります。また、医療行為を外側から支える役割として医療ソーシャルワーカー資格なども注目されています。看護師資格を持つものであれば、活躍シーンは院内看護にとどまらず、高齢者ケア・訪問介護にあたる分野でのニーズもますます高まることでしょう。

当サイトは、上記のような現状にある医療現場において実際に活躍する人々の視点で現場の現状と実態、課題や問題点などを紹介しています。これから医療業界を目指す人や今すでに医療現場で活躍している人はもちろん、その他様々な人々がそれぞれの立場で医療現場の課題にふれて、考えるきっかけになれば幸いです。

著作権、免責事項、当サイトへのリンク、お問合せ先など

当サイトの著作権、免責事項、リンクに関し、下記の通りご案内いたします。

■著作権
当サイト「現場検証Eyes~医療現場の今~」に掲載されている文章や写真等に関する諸権利は原則として「現場検証Eyes~医療現場の今~」に帰属しています。ただし、一部の写真やイラストについては原著作者がその権利を所有しています。私的使用のための複製、引用などの著作権法上認められる場合を除き、当サイトの掲載コンテンツの無断複製・無断転用はご遠慮ください。

■免責事項
当サイトは掲載する内容の正確さには万全を期しておりますが、当サイトの利用者が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。尚、当サイトは予告なく、掲載内容やアドレスを変更削除する場合があります。あらかじめご了承ください。

■当サイトへのリンク
当サイトへのリンクはご自由に設定していただいてかまいません。ただし、リンク元サイトが「第三者や当サイトの信用を失墜させる、又は当サイトへ損害を与える」、「公序良俗に反する」と判断された場合はリンクをお断りする場合があります。

■当サイトからのリンク
当サイトから他の団体等のホームページにリンクを張る場合がありますが、あくまでも当サイト利用者の便宜を図るためのものであり、当サイトがその内容等を保証するものではありません。

■このページについてのお問合せ先
iryou-genbaeyes@outlook.jp
※営業目的のご連絡には返信いたしませんので予めご了承ください。

人気topics

深刻な人手不足について 深刻な人手不足について 勤務医や看護師の人手不足。報道でも取り上げられる、医療現場が抱える大きな問題です。勤務医や看護師には夜勤があり、多くが苛酷な環境で働いています。それにより女性の医師や看護師が結婚や出産後に働き続けにくいことが、一つの要因として考えられます。深刻な人手不足について、その他の原因や解決策について考えてみましょう。

看護師さん編 看護師さん編 医療現場の代表的な職種といえば看護師。認定看護師など、高い専門性を身に付けた人たちが病院で活躍しています。ここでは資格取得の方法についても紹介していますよ。また、看護師は医療現場以外でも求められています。社会的に必要とされ、活躍の場がさらに広がっている看護師。ここでその仕事をチェックしてみましょう。

ページTOPへ